芸北町自然環境保護レンジャーQ&A      Since1999/1/18 Update2004/2/27

芸北町自然環境保護員とは?

広島県山県郡芸北町では全国的にも珍しい自治体レベルの自然環境保護員を任命し、 平成10年度(1998年)より活動を開始しております。 自然環境保護員は貴重な自然環境を守るための自然保護監視業務を行うと同時に、 良好な自然環境の必要性を理解していただくための啓蒙活動等を行います。


臥竜山ブナ原生林
芸北町の自然の魅力とは?

ブナ林、湿原、草原、里山、渓谷、湖、など 多様な自然環境(手付かずの自然と人的里環境)により 多種、多様、また貴重な生態系が現在も残っています。

「芸北町自然環境保護レンジャー」とは?

芸北町自然環境保護員のうち芸北町の自然に魅せられた 森林インストラクター・環境カウンセラー有志で 結成されたボランティア組織です。 レンジャーは芸北町をフィールドとし、 関係当局の協力を得て自然保護監視業務を行うとともに、 自然体験イベントを企画、運営しております。

初年度の主な活動概要は?

八幡湿原尾崎沼の環境保全(監視及び散策道の整備)、 森とキノコの観察会(芸北町有林)
秋の登山と自然観察(聖湖、高岳周辺)、冬の登山と自然観察(天狗石山周辺)
冬山トレッキング(高岳周辺)

自然体験イベントの目的は?

芸北高原の自然の素晴らしさを五感、六感で体験し、 参加者の方とお互いに楽しく芸北の豊かな自然に親しみながら、 良好な自然環境と貴重な生態系の保全の必要性を考えます。 このような自然体験や都市部と芸北町との人的交流を通し、 より高い生活環境意識のステップを目指します。


尾崎沼
どのような自然体験イベントの計画がありますか?

登山、自然観察会、山菜採りと料理、湿原の保護作業、バードウオッチング、蛍と星空ウオッチング 昆虫採集、キノコ狩り、木の実採取と果実酒作り、林業体験、ログハウス作り、などシーズンにあわせて 月一回程度のペースで行います。

スタッフは?
川崎英紀
長谷川清司
田渕三紀子
堂面正彦
林 浩三
平田倫太郎
西尾 嘉男
東広島市在住
大阪府豊中市在住
広島市在住
三原市在住
東広島市在住
呉市在住
廿日市市在住
広島県森林インストラクター
全国森林インストラクター
環境カウンセラー
広島県森林インストラクター
全国森林インストラクター
広島県森林インストラクター
広島県森林インストラクター
岩登り、ダイビング、チェンソーワーク、アウトドア活動全般
植物生態、トレッキング、葉拓画
植物、野外料理、環境教育、ネイチャーゲーム、クラフト
看護士、救急安全衛生、アウトドア全般
環境教育、キノコ、植物、クラフト
動物全般(野鳥、獣)
アウトドア活動全般

以上が主なメンバーですが、随時、各専門家、スタッフに世話になっております。


問い合わせは?

0824-22-3769 (川崎)、  082-254-7039 FAX兼(田渕)、  090-8248-9793 (林)
E−MAILはこちらまで(林):kobohayashi★hotmail.com(★を@に変更してください)

最後に何かひとことありますか?

ひとこと!
近年、車で乗り付け貴重な山野草を大量に掘り取って持ち去る者、 湿原に木道をはずれて踏み込むカメラマニアなど目に余る行動が散見されます。 マナーを守りましょう!

ふたこと!
パソコンやテレビゲームなど、 バーチャルな世界で遊ぶのは楽しいものです。 でもそればかりでは、なにか空しさを感じませんか? 実体験でのみ得ることのできる何かがあるはずです。 自然体験はその機会を提供します。

みこと!!!
広報活動では、インターネット、メディアをフルに活用します。
詳しくは 森とまちづくり・工房はやしの特集のページからご覧ください。
e-mail:kobohayashi★hotmail.com(★を@に変更してください)
ホームページへもどる
inserted by FC2 system